人生はScalability

  • 2019.11.03 Sunday
  • 09:44

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:人生訓

 

 

人生は【Scalability】である。

 

意味は【拡張性】です。

 

ゲームの醍醐味とはなんだろう。

 

特に、RPGゲームで例えるならば、冒険心だろうか。

 

目的を与えられ、その目的に進む中で、レベルが上がり、魔法を覚え、新しい人と出会い、様々な物語が刻まれ、より強い武器を手にいれて、行けなかった場所へ行けるようになる。

 

そして、物語が進むにつれて、真実や事実が明確になり、プレイヤーはそれを知るために先に進みたくなる。

 

この物語がもし、はじまりの町をただ徘徊し、その周りのモンスターを倒すだけのものだとしたら、とてもつまらないものだろう。

 

ゲームの世界は、どこまで拡張するかが肝なのかも知れない。

 

ゲームならまだしも、僕らの人生が何の拡張性も無い未来しかない場合、それは恐ろしい事ではないか。

 

項目

  • 拡張対象
  • 拡張思考
  • 予測は超えろ、芯はぶれるな

 

【拡張対象】

 

拡張とはいっても、何を拡張させるのか?

 

で、話は変わるだろうね。

 

これは拡張に限った事ではなく、物事をどう定義するかによって、人にとってその価値は変わるだろう。

 

そうなれば、同じ事でも、やり方も行動も優先順位も考え方も変わるだろうね。

 

そもそも、様々な物事をみんなで同じように共感しましょうってのは、無理な話かもしれないね。

 

それでもルールや規則は存在し、それを守っていかなければならないが。

 

それを守るのと、自分がどう解釈するかはまた別の話だ。

 

だからこそ、自分が実際に体験し、実感し、自分にとっての定義をしていかないと、自分をごまかして生き続ける事になってしまうよ。

 

今回の拡張対象も、まずはどう定義していくかが重要だと思う。

 

僕は最近、物事を判断するレベルを作った。

 

  1. お金
  2. 時間
  3. 感覚

このレベルは高ければ良いものではない。

 

そうだな、1は地面で、2は海、3はマントル、みたいな感じだ。

 

この話は、また他で書くとして。

 

僕はこの3つを軸にいかに拡張をしていくかを考えている。

 

お金は、分かり易く結果として判断しやすいが、そのために「時間」と「感覚」を犠牲にするべきではない。

 

時間は、いかに余暇を作り、余暇を楽しむかを重視している。

 

効率化と最適化の思考や、結果を積み重ねていく。

 

感覚は、不快感や満足感など、繊細に感じ取れるものを認知し、いかに自分の感覚を理解し、コントロールしていけるか。

 

これらの拡張性を広げる事により、見えない問題を見えるようにし、向き合い、日常変えて、未来の可能性を広げていく。

 

新しい発見とそれを活かして未来で自分が出来る事を増やしたり、予測の視野や世界を広げる事が、希望なのではないのかと思う。

 

絶望に打ち勝つ希望を芯に掲げ、進み続けれる状態を作り続ける、これを【Scalability】と僕は呼ぶ。

 

 

【拡張思考】

 

日常が同じでは何も変わらない。

 

だから、その「日常を常に変える思考」を【拡張思考】と名づける。

 

上記の3つのレベルに置き換えるならば

 

[お金]

いらない物を捨てるくらいなら、メルカリで売るなど。

 

自分の持っている物や、スキルの金銭化が可能か?

 

その方法にはどんなものがあるのか?

 

を考える。

 

[時間]

普段使用している時間を記録、無駄で省ける部分や、修正を掛けるべきところはないだろうか。

 

[感覚]

自分のモチベーションや、本当に求めるもの。

 

それらの認知力を高め、自分自身が無駄な行動や、だらけて制御不能にならないための意識をつくる。

 

瞑想がおススメ。

 

 

【予測は超えろ、芯はぶれるな】

 

固定観念に囚われた人間は、根拠の無い物を「こういうもんだ」みたいな感じで、自身の閉ざされた世界で予測した話を安易に突きつけてくる。

 

予測して動く言は、人としてとても重要な能力であり、生きるために必須である。

 

重要が故に、安易に予測しきってはいけないと思うし、だいたい流れが予測できてしまったゲームは非情につまらない。

 

予測出来てしまった部分を満足するのではなく、予測の出来ないようなすごみがある事を、大前提としておこう。

 

例えば、最後の最後に予測し得なかった展開のある映画は面白い。

 

大どんでん返しみたいなやつ。

 

そうやって、先に未知な世界があるから面白いのだ。

 

世界は広い、インターネットが当たり前になった今、ヴァーチャル世界は無限の可能性に溢れている。

 

そして、ヴァーチャルが現実と融合している今、何が起こっていくかは検討もつかない。

 

ターミネーターみたいにスカイネットと戦争するのか。

 

マトリックスみたいに、実は既に仮想世界なのかもしれない。

 

そんな予測を超えた予測をするために、日々意識してみてはいかがだろうか。

 

ただし、自身の芯は肝にもっておかなければならない。

 

自分は何も無い・・・は100%ありえない。

 

上記で書いた通り、人によって物事の価値感は全く違う。

 

インターネットが無数のYes / No の数珠繋ぎであるように、人間はもっと複雑に出来ていると思う。

 

組織を成立するための周りからの思考制御が強すぎるだけだろう。

 

これを脱しるのは本当に難しい。

 

故に面白い。

 

そして、だんだん自身の定義を付けて、自身の芯が出来てくる。

 

他人譲りのものを利用し、自分の意志で、自分の思いで、自分の言葉を人とぶつけられるのは、とても楽で楽しい事だ。

 

 

以上、今回は新たに改良した人生定義を書いてみた。

 

Scalabilityを意識する事で、僕は結局のところ人生を楽しみたいだけだ。

 

生きる事は大前提として、不安や苦痛のオンパレードだが、逆にそれをゲームみたいに攻略し楽しんでやろうと思っている。

 

そのためには、立ち止まってはいられない。

 

そのためには、目的が必要で、レベルアップを体感していく事が重要だ。

 

それを一通り含んだキーワードとして【Scalability】【拡張性】へと辿り着いた。

 

明日も何かが変わる希望を持って、前に進んで行きましょう。

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM